HOME>トピックス>創業時にはお金がかかるので、資金的な余裕を持ちましょう

創業時にはお金が必要です

書類

会社創業時は様々な費用が発生します。登記から始まりオフィスの契約料、備品の購入費等、事業を始めるだけでもかなりの出費になってきます。また、創業したからといってすぐに売り上げが入ってくるケースは少ないです。売り上げが入ってくるまで時間的なブランクがあったとしても、その間も維持管理費は発生してしまいます。こうしたことを考えていくと操業初期の頃は自分が考えている以上に十分な資金的余裕が必要です。そこで創業融資のための業者に相談しましょう。こうした業者があることを予め念頭に入れておくことは戦略的に重要です。

融資の相談はタイミングが大切です

間違ってはいけないことは、創業融資の業者は慈善事業ではないということです。つまり融資をしても返済できる見込みのない相手にはお金を出してくれる可能性は低くなってしまいます。ですので、資金的に苦しい状態で相談しても、なかなか良い結果に繋がらない可能性があります。そこで、予め自分の事業にどのぐらいの資金が必要なのか計算しておいて、余裕のあるうちに相談しておきましょう。精神的にもこうした余裕を持てれば、上手に提案することができますので、交渉が有利になります。

広告募集中